banner

プロミスでお金を借りる

三井住友銀行グループのプロミスは、大手ならではの安心感と信頼感があり、人気の高いカードローンです。
土日・祝日・平日夜の申込みでも審査がスムーズなど「今日中にお金を借りたい!」といった方への対応が迅速で、即日融資をしたい方にも便利なキャッシングです。 また、女性専用のレディースキャッシングがあるのも特徴です。 はじめてのお客さまはメールアドレス登録とWeb明細利用で30日間無利息サービスを受けられるなど、おトクなサービスが充実しています。


プロミス店舗ATM検索

プロミスの店舗・ATM検索では、お客さまの目的にあわせてさまざまな検索条件から全国の店舗が検索できて便利です。
プロミス店舗はもちろん、三井住友銀行(SMBC)内に設置されているローン契約機の検索もできるので、すぐにでもお金借りたい!と持った時にとても助かります。 「地図から探す」「条件から探す」「リストから探す」「路線図から探す」など検索条件を選べるので、希望の店舗ATMを探せます。


簡単3秒診断でチェック

3項目のみの入力でプロミスで借り入れ可能かすぐに結果がわかります。
確認後、そのまま続けてお申込みも可能です。


プロミス基本情報

ご融資額:1万円~500万円まで

貸付利率(実質年率):4.5%~17.8%

ご利用対象:20~69歳の安定した収入のある方(プロミスの審査基準を満たす方)
※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込み可能です

遅延利率 20.0%(実質年率)

ご返済方式:残高スライド元利定額返済方式

ご返済期間・ご返済回数:最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回

必要書類:
・本人確認書類として、運転免許証(お持ちでない方は健康保険証やパスポート)
収入証明書類として、源泉徴収票(最新のもの)、確定申告書(最新のもの)、給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)などいずれか1点
※ご希望のお借入額が50万円を超えるお客さまや、ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超えるお客さまは収入証明書類が必要です

担保・保証人:不要



【カードローンキャッシング備忘録】

他社借入件数は3社が限界ですので注意しておきましょう
急にお金を借りたいと思ってしまい、立ち往生してしまったと言うような経験ないでしょうか。 旅行中に現金が足りなくなってしまった、先輩・上司から飲み会に誘われ断ることが出来ないけれど給料前で財布の中身はカラッポ、お金借りたいなど、現金をその日のうちになんとかしなくてはならない経験あると思われます。 今の時代はとても便利になり、銀行系や信販系のカードローンやキャッシングなどで当日に現金を用意出来るようになりました。 まして初めての方がお金を借りたい場合でも仕事中にちょっと時間を頂いて、スマートフォンから申し込みが出来、審査を終えると、今度はなんと指定の口座に現金を振り込んでくれると言う大きなサービスも待っています。 帰り際、コンビニのATMにより現金を下ろすことでお金の心配は全くなくなります。 ですがそんなことを繰り返しているうちに、数社の銀行系や信販系から借りてしまうことも有りえます。 ですがこの同時の借り入れは、3社までが限界となっています。 それぞれの金融会社の審査基準には、違いもあるのですがひとつの目安として3社申し込みと言う判断をしているようです。 年収1,000万円の人が3社から5万円ずつ借りている時、4社目の会社は貸し出しをすると考えられますが、このようなお金を借りる事態はあまり考えられません。 多くの方は、3社ですでに借りる枠を使い切っていて、これ以上借りることが出来ない状態で4社目へ申し込んで来ることが多いと言われます。 ですから非常に危険な状態になっていると考えられます。 またお金借りる際に何故既に3社から借りていることが判るのかと言いますと、金融機関には借り入れのある人たちの情報が判る信用情報と言うものがあるからです。 この情報を元にお金借りる貸し出しを決める訳ですから、4社目になると借りることが出来なくなります。 他社借入件数は、3社が限界です。


有名企業だからこそお金を借りるメリットが得られるアコムのカードローン

生活費が足りない、旅行先でお金が足りなくなってしまったなど、急な出費が必要になった場合、カードローンを利用してみようと考えるかもしれません。
しかし、様々な貸金業者がある中で、どのカードローンを利用すればいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。
そんな時は、プロミスやアコムの店舗やATMの検索でお金を借りることをおすすめします。
メリットとして挙げられるのは、まず会社の持つ先進性と信頼性にあります。
CMを通して消費者金融の存在が多くの人に知れ渡った頃、同時に多重債務者が増加が問題視され大きく報じられました。
国によって利率や借り入れ条件の見直しなどが進み、貸金業法は大きく変わりました。
多くの貸金業者はその対応に追われましたが、アコムやプロミスはそんな時代にいち早く対応し、契約者が安心してキャッシングを利用できるように様々な動きを見せました。
また、今ではすっかりお馴染みとなった自動契約機ですが、そもそもこの機械を一番初めに開発し導入したのはアコムでした。
そして消費者金融業界全体の発展を考え、特許の取得を見送ったのです。
業界や消費者のことを考えた経営方法は、貸金業者を選ぶ際の一つの目安となると言ってもいいのではないでしょうか。
インターネットや電話、店舗、ATMの検索など、さまざまな方法での申込を受付けており、融資や返済をする際も、提携している銀行やコンビニエンスストアのATMが使用できます。
プロミスなどの有名企業だからこその利便性の良さも、メリットの一つといえるでしょう。


他社借入件数は3社が限界ですので注意しておきましょう

急にお金を借りたいと思ってしまい、立ち往生してしまったと言うような経験ないでしょうか。
旅行中に現金が足りなくなってしまった、先輩・上司から飲み会に誘われ断ることが出来ないけれど給料前で財布の中身はカラッポ、お金借りたいなど、現金をその日のうちになんとかしなくてはならない経験あると思われます。
今の時代はとても便利になり、銀行系や信販系のカードローンやキャッシングなどで当日に現金を用意出来るようになりました。
まして初めての方がお金を借りたい場合でも仕事中にちょっと時間を頂いて、スマートフォンから申し込みが出来、審査を終えると、今度はなんと指定の口座に現金を振り込んでくれると言う大きなサービスも待っています。
帰り際、コンビニのATMにより現金を下ろすことでお金の心配は全くなくなります。
ですがそんなことを繰り返しているうちに、数社の銀行系や信販系から借りてしまうことも有りえます。
ですがこの同時の借り入れは、3社までが限界となっています。
それぞれの金融会社の審査基準には、違いもあるのですがひとつの目安として3社申し込みと言う判断をしているようです。
年収1,000万円の人が3社から5万円ずつ借りている時、4社目の会社は貸し出しをすると考えられますが、このようなお金を借りる事態はあまり考えられません。
多くの方は、3社ですでに借りる枠を使い切っていて、これ以上借りることが出来ない状態で4社目へ申し込んで来ることが多いと言われます。
ですから非常に危険な状態になっていると考えられます。
またお金借りる際に何故既に3社から借りていることが判るのかと言いますと、金融機関には借り入れのある人たちの情報が判る信用情報と言うものがあるからです。
この情報を元にお金借りる貸し出しを決める訳ですから、4社目になると借りることが出来なくなります。
他社借入件数は、3社が限界です。

プロミスでのお金の借り方を知りましょう

たくさんの消費者金融や銀行などが、カードローンやフリーローンと言う形でお金を貸してくれるます。
そして、インターネットが発達した今の時代では、借入れを申し込んだ当日にお金を手にすることが出来るようになりました。
急を要する人にとって、とても助かるシステムだといえるでしょう。
ですが、お金のを借り方では、返済方法が違って来ます。
借りたお金を全額一度で返済してしまうことをキャッシングと呼び、何回かに分けて分割支払いをすることを、カードローンと呼びます。
ではプロミスから借りる時、どのような方法で借りることが出来るのでしょうか。
一般的には、プロミスの店舗へ行き、借入れの申し込みをすることが順当ですが、今の時代はやはりインターネットを利用することが、一番便利な方法と言えるでしょう。
わざわざ来店する必要がなく、自宅でインターネットから借入れの申し込みが出来るからです。
インターネット上で、まずは顧客情報として申し込みフォームに必要事項の全てを入力します。
この場合、借入れの最高額が50万円までとなっているので、注意が必要です。
初めてプロミスを利用する人には、特典がついてきます。
それは、30日間利息が無料になるサービスが受けられることです。
インターネットで契約が無事終わった人は、近くのATMへ行き、自分の口座から借りたお金を下ろすことが出来ます。
またこのネットからの申し込みは、24時間いつでも可能になっていることから、とても便利なシステムだといえるでしょう。

専業主婦がお金を借りる方法とその注意点

消費者がお金を借りたいと思ったときに現金融資を受けるのに便利なサービスが、消費者金融のキャッシングです。
お金を借りたいなら申込んだその日に現金融資を受ける事が出来る即日融資や、インターネットで24時間申し込みが行えるサービスなどで、消費者金融は近年ますます便利になっています。
ただ、消費者金融の融資は誰でも利用出来るわけではありません。
融資を受けるには安定した収入が必要であり、無収入の方では利用する事が出来ないのです。
では、例えば専業主婦の方が消費者金融でお金借りる事は出来ないのかというと、必ずしもそうではありません。
例えば、パートタイムの仕事やアルバイトでも良いので、定収入を得る事が出来る様になれば、主婦の方でもキャッシングを利用出来るのです。
ただし、アルバイトなどを初めたからといって、すぐにお金が借りられるわけではありません。
多くの消費者金融では、契約の際に安定した収入がある事を証明する為に、給与明細などの提示が必要となります。
給与明細は2ヶ月分以上が求められる事もあるので、アルバイトなどを始めたばかりの方では、申し込みを断られてしまう可能性があるのです。
もちろん、業者によっては給与明細の提示をしないで良い場合もあります。
ですが、年収などは必ず問われますので、現在の収入状況は自ずと知られてしまいます。
この様に、お金借りる際に役立つ消費者金融のキャッシングではある程度は収入実績を持っている事が必要になるのです。
一方で銀行系カードローンならば、判断基準が消費者金融とは違うため、収入の無い専業主婦の方でもお金を借りる事が出来る可能性があります。
ただ、消費者金融にせよ銀行にせよ、無理の無い範囲での利用を心がける事が重要です。

Copyright(c) 2016 プロミス店舗ATM検索.com Inc. All Rights Reserved.